FC2ブログ
<<11  2018,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッキー、安らかにね。
※今日はネコブログではなく、
犬ブログになっちゃってます。
すいません、ご了承ください。



私の実家には
生後17年の
シーズー犬がいました。

名前はラッキー。
男の子です。

そのラッキーが17日に
亡くなったそうです。

今日、実家に用事があり
行ってみたら、
ラッキーの姿が見えないので
どうしたのか
不思議に思っていたら


「17日に病院で亡くなったよ」

と、母に言われました。


ラッキーはシーズー犬に
よく見られるらしい
皮膚炎をよく発症し、
治療のために長年、
薬を飲んでいました。

それでも一向に回復せず
ひどくなるばかり。

毛が抜けるだけでなく、
足や体に肉の塊のような
肉腫が出来ており、
それらから出血し、
部屋中を汚すだけでなく、
ラッキー自身も
肉腫が気になるのか
常にペロペロと舐めてしまい
余計に酷くなる始末・・。

今年のお正月からはずっと
エリカラをつけたまま、
過ごしていたラッキー。

寝る時もご飯を食べる時も
不自由なカラーをつけての
生活。

夜中に暴れるのか、
朝、母がラッキーのいる居間に
行くと、室内の畳が血だらけに
なっているということが、頻繁に
ありました。

いくら病院に行っても
完治しない病気。
身体中にどんどん出来てくる
肉腫。

そして血や汚物だらけの部屋。

実家の両親も
限界だったようです。


17年、一緒に暮らした
大事な家族です。

何度も悩んで迷って、
やっと決心しました。

安楽死です。

病院でトリミングをして、
身体中、きれいにし
かわいいリボンを
耳につけて、
最後のおしゃれをした
ラッキーは、そのまま
静かに眠りました。


ラッキーを我が子のように
可愛がっていた母は、
やれることは全てやったから
後悔はしていない、と
吹っ切れたように
話していました。


結局私は、最期の場に

居合わせることは

出来なかったけど


ラッキー、

天国で

たくさんご飯食べて

たくさん走って、

たくさん遊んでね。

そして、痛みも痒みも

苦しみもない世界で

安らかに眠ってね。


さよなら、ラッキー。


大好きだったよ。


PIC00004.jpg













スポンサーサイト

テーマ : シーズー
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
17歳とは長生きさんだったんですね。
私が以前飼っていた猫も、最後は腎臓系の病気で口をあけて呼吸したり吐いてしまったりという発作が頻繁になりました。獣医さんに、もう治る見込みはないからあまり苦しむようなら連れていらっしゃいと言われていて、ちょうどお正月で私が実家にいたときに発作が出たので、安楽死の決断をして病院に連れて行きました。が、病院に着く前に車の中で亡くなってしまいました。
安楽死という決断がどうだったのか、また結果的に間に合わなくて自然死となったことで気持ちの整理の仕方が変わったりして、今でも複雑な思いはあります。
ラッキーのご冥福をお祈りいたします。
No title
今日のこのブログを読んで、思わずパソコンの前で号泣してしまいました。
私の所の美々もラッキーちゃんと似たような状況です。
現在はやはり皮膚炎とそれに伴う肉腫が身体にあります。(まだ出血等は認めていませんが)
心不全の進行も酷く、日中はよく咳をしていて…。認知症も進んでいるのか、時折便尿失禁もあります。寿命が近いのかな、と思ってはいるものの、心が痛いです。
安楽死は選択肢の一つですよね。
お母様も納得された上の決断とはいえ、辛かったと思います。

ラッキー君のご冥福を心から祈っています。
No title
なんと言っていいのか言葉が見つかりません。
でも、ラッキーちゃん、病気を持ちながらも
17歳まで生きてくれたんですね。
愛情をたくさんもらっているからこそ長生きできたんだと思います。
ラッキーちゃんのために選んだ安楽死。
その決断はお母様にとってすごく辛いものだったと思います。

ラッキーちゃんは天国からさくらさんやさくらさんのご両親のこと
見守ってくれていると思います。

ラッキーちゃん、天国で健康に、不自由なく、シアワセに過ごしてね。

コメントありがとうございます。
NASAさん。

猫ちゃんでもワンちゃんでも、家族として暮らした大事なペットの
病気や死は本当に辛いですね。
NASAさんも辛くて寂しい思いをなさったんですね。
お気持ち、お察し致します。
でも辛い思いをしたからこそ、今、そばにいる小さな家族の命を
大切にしなければ・・ですよね。(^^)


tomyさん。

そうでしたね、美々ちゃんも皮膚炎でしたね。
あの肉腫はいったいどうして出来てしまうんだろう?と
思うほど、ですよね。
ラッキーは心不全はなかったようですが、認知症は明らかに
ありました。

母もその決断をするまでに半年かかりました。
介護と血だらけの部屋の掃除で疲れ果て、夜中の鳴き声で眠れずの
状況だったようです。
今は、ラッキーの遺骨を納めた小さな骨壺を毎朝抱きしめて、
「おはよう、今日もいい天気だよ」と話しかけているんだと、
言っていました。

共同の墓地に他のペットと一緒に埋葬されてしまうのはかわいそうだと、
49日が過ぎたら自宅の敷地内に埋葬するそうです。
ラッキーは寂しがり屋でしたから、それが一番かと思われます。



NASAさんもtomyさんも、ラッキーの冥福を祈って下さり、
本当にありがとうございました<m(__)m>
No title
ラッキーちゃんの記事を読んで、涙が溢れてきました。
17歳まで生きてくれたんですね。
大事に大事に育てられ、幸せに暮らしてきた証ですね。
お別れは悲しいけど、ラッキーちゃんを思ってのことですものね。
天国から「今までありがとう」と言ってると思います。
ラッキーちゃんのご冥福をお祈り致します。
エーコままさん♪
ラッキーの為に涙を流して下さり、ありがとうございます。
私もラッキーの死を知った日の夜は、なんだか力が抜けてしまって
ブログに自分の気持ちをぶつけてしまいました。
いつか来る別れではありますが、そこにいたはずの子がもういないのは
やはり寂しいものですね。
No title
17年と長い時間、家族だったラッキーちゃんの死は
辛いと思います。
部屋が汚れるのよりも何よりも、ラッキーちゃんが
痛ましい姿で苦しんでいるのが、何よりご家族は辛かったんでしょうね。
私も以前飼っていたウサギの癌の介護を2年続けました。
毎日、治療で辛い時期を延ばすことが果たしてウサギに
とって幸せなのかな?と自問自答しつづけました。
結局、迷い続け寿命で亡くなりましたが・・。

今は、ラッキーちゃんも天国で跳ねるように
駆け回っているんでしょうね。

さくらさんご家族に大切に愛しんでもらって幸せな犬生でしたね。


ご冥福をお祈り申し上げます。
neneさん♪
コメントありがとうございます。

大人ばかりになってしまった私の実家にとって
ラッキーの存在は家庭の中を明るくし、毎日の話題を提供してくれる
貴重な存在でした。
17年の犬生の間、10年間は薬を飲み続けていましたが
彼自身、本当に精一杯頑張ってくれたと思います。
今はただ、ラッキーの天国での幸せを祈りたいと思います。

私たちの大事な家族、ラッキーの冥福を祈って下さり
本当にありがとうございました。
心から感謝いたします<m(__)m>
FC2カウンター
プロフィール

さくら

Author:さくら
はじめて猫を飼うことになった
3人の息子たちと暮らすママです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
これ、おすすめです♪
いぬのきもち&ねこのきもち
おこづかいGET!
Voiceモニター、アンケート会員募集!アフィリエイトはリンクシェア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お得にショッピング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。